みんなの薄毛の悩み

頭頂部(つむじ付近)が薄くなるAGA

頭頂部(つむじ付近)が薄くなるAGA

かつて日本で大活躍した南米サッカー選手で、河童のように頭頂部だけがハゲている方がいました。

頭頂部は一見すると分かりづらい場所ですが、頭を屈めるとバレてしまうという困った場所です。

不自然な姿勢になり、頭を下げるべきところで下げられない、なんてことになると社会生活に大きな支障が出ます。

 

頭頂部から薄くなる『てっぺんはげ』になる理由

家でゴロ寝してると妻から頭頂部が寂しくなったと告げられる、子供を抱っこすると頭頂部のハゲをからかわれる、落ち武者扱いされる、などなど・・・自覚症状が薄く、不意打ちのようにダメージを受けやすいのが、頭頂部のAGA。

背が高い方ならあまり目立ちませんが、やはり気になるやすい部位でもあります。

なぜ頭頂部が脱毛してしまうのでしょうか。

男性ホルモンの一種であるテストステロン5αリダクターゼという酵素が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンになります。

このジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの原因です。

ジヒドロテストステロン(DHT)はまだ抜ける段階にない髪にまで誤ったシグナルを発して抜け毛にしてしまいます。
太く長い髪に成長する前に抜け毛になることを繰り返してしまうので、薄毛になってしまうのです。

頭頂部には生え際と同じく、男性ホルモンDHTを生成する酵素、5αリダクターゼが多く発生します。

つまりAGAの影響を受けて薄毛になりやすい部分だということです。

 

AGAを食い止めるプロペシアだが…

プロペシアの登場で多くのAGAに悩む方たちの治療は進みました。

しかし、どれだけ頑張っても1~2割の患者は改善に向かいませんでした。

実は5αリダクターゼは2種類あります。
全身の皮脂腺に分布する1型と、頭部に集中する2型です。

AGAの主な原因は、2型の5αリダクターゼによるものです。

しかし中には1型も悪さをしているケースもあります。

調べてみると、改善しないケースでは1型の5αリダクターゼが脱毛の原因になっていることが分かりました。

1型は全身に分布し、AGAの原因にはなりにくいと考えられていましたが、中には問題になることがあります。

プロペシアは2型のαリダクターゼしか抑制できません。1型は野放しになるため、どうしても治療が難しい患者が出ていました。

特に難しいとされる症例は、生え際と頭頂部が薄くなるタイプのAGAと言われています。

個人差はありますが、頭頂部や生え際には1型も多く存在し、これが毛根に作用すると2型同様、発毛サイクルを乱してしまいます。

頭頂部が薄くなることを改善するのは、生活の改善だけでは難しいのが現状です。

 

新しいAGA治療薬ザガーロ

それを改善し、1型、2型ともに抑制する薬が登場しました。

それが2016年に日本で認可されたザガーロです。

元は前立腺肥大症を緩和する薬で、日本を含め世界各国で広く使用されています。

これを服用した患者の脱毛が治まるという事例が多数発見され、しかも1型も抑制できることが判明しました。

なかなかAGA治療への認可がされなかったものの、ようやく日本でも認可が下りて病院でも処方できるようになりました。

これにより、難治性のAGAにも治療の扉が開かれました。

ザガーロはプロペシアに比べて育毛力も高く、現在のAGA治療ではプロペシアからザガーロに転換する病院もあります。

1型は皮脂腺に含まれています。そのため汗をよくかく、皮脂腺が発達した方は1型が多いという説があります。

AGAも2型が主な原因ですが、1型も原因になることが知られています。

いわば2型は大ボスで、1型はボスの影に隠れてコソコソ悪事を働く小悪党のようなもの。

上から下まで叩いて押さえ込むのが、治療としてはベストでしょう。

治療してみないことには、1型が原因か否かは分かりません。

副作用のおそれがなければ、治療初期にはより効果が高いザガーロを服用することが望ましいと言えます。

 

頭頂部が薄くなるAGAには、AGA治療は効果的

ザガーロはAGA治療になくてはならない存在になりました。

非常に優れた効果を発揮しますが、副作用が強いという難点もあります。

薬である以上は副作用のリスクがつきまといますが、ザガーロの副作用は深刻です。

EDや性欲減退、頭痛、吐き気など様々な症状を引き起こします。

プロペシアにも同様の副作用は知られていますが、ザガーロに比べると確率はずっと低く、比較的安全に服用できます。

さらに、ザガーロは肝機能障害があると服用できません。肝機能に問題がある方は、プロペシアしか選択しかできません。

このように、薬の服用だけでも素人が判断するのは危険なことだと分かります。
AGAのクリニックで適切な指導を受け、より安全に副作用を減らした治療を受けるのがベストです。

特にザガーロは副作用が深刻なので、医師の管理下で治療を行うべきでしょう。

たとえ副作用を起こしても適切に対処されるので、被害は最小限に抑えられます。

確かに金銭面では大きな負担になるかもしれません。しかし「安全代」だと考えると、妥当な選択だと思います。

少々のお金をけちって副作用を起こして体を壊すと、長い間復帰できなくなる恐れもあります。

それなら適正な料金を払って治療し、写真などで客観的に治療経過が確認できるクリニックのほうが、ずっと良い選択だと思います。

クリニックによっては、薬の服用以外にも様々な治療法があります。中には破格な価格のものもあるのも事実。

しかし、AGA治療の基本は2種類の薬を服用することです。これさえ守れば、ほとんどの方は髪を取り戻せます。

ある程度予算を決めた上で、自分が納得できる範囲で治療を行いましょう。

もう河童とは言わせない、その意志をカタチにできるのがAGA治療です。

 

おすすめAGA・薄毛治療クリニックランキング

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックTV電話での診察が超便利!
通院の時間と交通費を大幅削減!しかも診察料はずっと0円。
数ヶ月の縛りのない単月ならプロペシア、フィナステリドが最安値!
 
時間や交通費も考えれば総合的にコスパ最強です。

button_006
button_005



AGAスキンクリニック
 
AGAスキンクリニックプロペシアとミノキシジルが最安値!
月額4,200円から始められる低価格と発毛実感率99.4%の実績が魅力。
全国45か所に発毛専門クリニックがあります。
 
私も今からAGA治療するならここに行きます。

button_006
button_005



おすすめAGAクリニック3位
 
banner_m返金保証のある都内オススメのクリニック!
プロペシア(フィナステリド)が4,200円~と最安値レベルを実現し、20~30代に人気のAGA専門クリニック。

髪が生えなければ全額返金保証が付いたプランもあります!

button_006
button_005